日々ぼんやり

仕事、家、対人関係、時々作ったもの

大盛況・ミュシャ展

2017年3月8日〜6月5日

六本木・国立新美術館にて、ミュシャが開催されていました。

 

f:id:rikucco66:20170606160144j:image

開催前から行きたいと思いながらも、なんやかんやと足を運んだのは、最終日前日。

混むだろうな…と予想はしていましたが。

 f:id:rikucco66:20170606170330j:image

チケット売り場の前で、いきなり選択が迫られました。

帰る?並ぶ…?

 

 

f:id:rikucco66:20170606160447j:image

結局並ぶことにしましたが、嫌な予感しかしない。

 

f:id:rikucco66:20170606162057j:image

会場周辺をぐるぐると行ったり来たりして、1時間後、ようやく館内へ。

写真は撮れませんでしたが、館内もひたすらぐるぐる。

カフェでゆったりと和む人たちを横目に、もう1時間、ぐるぐる…

 

そしてついに。

f:id:rikucco66:20170606162414j:image

入場目前!

2時間分の疲れも、ここで一気に吹き飛びます。

いよいよ、ミュシャ展入場です。

 

 

 中へ入ると、目玉のスラブ叙事詩の1枚『原故郷のスラブ民族』が出迎えてくれました。

f:id:rikucco66:20170606165747j:plain

610×810という大きなキャンバスに描かれた絵の迫力に、一瞬頭が真っ白に。

さらに足を進め、1枚1枚、遠くで見たり近くで見たりと堪能しました。

 

そして少し奥へ進むと、撮影可能ブースが!

ここぞとばかりに撮りまくる人々。

ももちろん、その中の1人。

f:id:rikucco66:20170606163512j:image

f:id:rikucco66:20170606163522j:image

f:id:rikucco66:20170606163531j:image

f:id:rikucco66:20170606163538j:image

とにかく美しかった…(語彙力がない)

 

普段の美術鑑賞とはまた違ったサイズ、とにかく大きなサイズ。

それが20枚も集まると、まさに言葉が出てこない状態になりました。

 

 

撮影可能ブースを過ぎると、普段見慣れたミュシャの絵がずらり。

f:id:rikucco66:20170606165933j:plain

細かな書き込みと、女性の艶やかな曲線にうっとり。

習作なども展示してあり、まさにミュシャ堪能!

 

こんな規模の展示会、次は一体いつになるのか…

並んででも観た甲斐は、大いにありました。